向精神薬問題と勾留!京都市北区から弁護士にスマホ無料相談

京都市北区から向精神薬問題の勾留のLINE相談できる弁護士なら

  • 京都市北区で義父が向精神薬問題に関わった容疑で供述を求められている。
  • 近所の警察署から弟が法に違反する行為を起こしてしまったと電話がきました!?
  • このまま留置されている夫は前科は避けられないのですか!?

京都市北区で近親者が事件を起こし警察に身柄拘束された!
そんな時、どう対処するのが最適なのでしょうか?

間違った対応をしてなす術が無くなる前に、すぐに向精神薬問題と刑事事件を主要業務として取り扱ってきたアトム法律事務所の弁護士に相談しましょう。

有罪で前科がついたら、ましてや刑務所行きになってしまったら、残された家族やその後の社会復帰には大きな困難が伴いますね・・・。

  1. 逮捕しないよう求めたい
  2. 前科がつかないようにしたい
  3. 被害届や告訴を取り下げて欲しい

アトム法律事務所は、このような依頼者の困りごとに寄り添った最適な弁護活動を実施します。

スマホやPCで手軽に無料相談

0120-631-276 ボタンをタッチでお電話がかけられます 0120-631-276 ボタンをタッチでお電話がかけられます LINEで交通事故の無料相談を受ける LINEで刑事事件の無料相談を受ける 無料フォームで問い合わせる

職場から利用可能なLINE無料相談24時間のフリーダイヤル予約窓口で、お急ぎのお悩みにもスピーディーに対応できます。

逮捕された時の接見費用例

アトム法律事務所京都支部に留置場への弁護士面会を依頼する場合の費用例(詳しくはお電話でお尋ねください)

警察署名 北警察署
接見費用 5万円
所要時間 32分(往復64分)
※所要時間はYahoo!路線情報に基づく

向精神薬問題事件の弁護活動は早さが重要です。

一刻も早い不起訴勾留阻止に向けた活動が、その後の暮らしに影響します。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける