業務妨害と逮捕後の流れ!城陽市から弁護士に休日無料相談

城陽市から業務妨害の逮捕後の流れのスマホ相談できる事務所をお探しの方へ

  • 城陽市で息子が業務妨害の容疑で供述を求められている!?
  • 警察署から息子が事件を犯してしまったと教えられました!?
  • 留置場の孫は前科がついてしまうのですか・・・?

城陽市で近親者が警察官に拘束された!
その時はどうするのが最適なのでしょうか?

対応を間違えて窮地に陥る前に、早く業務妨害と刑事事件の実績豊富なアトム法律事務所の弁護士に連絡しましょう。

有罪で前科がついたら、ましてや刑務所行きになってしまったら、本人も家族も非常に苦しいですね・・・。

  1. 被害者に示談してもらいたい
  2. 実刑を回避したい
  3. 逮捕しないよう求めたい

アトム法律事務所は、このような依頼者のニーズに合わせた必要十分な弁護活動を行います。

スマホやPCでお手軽無料相談

0120-631-276 ボタンをタッチでお電話がかけられます 0120-631-276 ボタンをタッチでお電話がかけられます LINEで交通事故の無料相談を受ける LINEで刑事事件の無料相談を受ける 無料フォームで問い合わせる

お昼休みでも利用できるLINE相談24時間電話予約窓口で、緊急の心配ごとにもスピーディーに応じられます。

逮捕された時の接見費用例

アトム法律事務所京都支部に警察への弁護士面会を依頼する際の費用例をご案内!(詳しくはフリーダイヤルにお電話ください)

警察署名 城陽警察署
接見費用 6万円
所要時間 59分(往復118分)
※所要時間はYahoo!路線情報に基づく

業務妨害事件への対応は迅速さが大事です。

スピーディーな不起訴勾留阻止に向けた活動が、その後の社会生活のカギを握ります。

弁護士あり 弁護士なし
警察対応 弁護士に一任 自力で行う
釈放・不起訴 可能性上がる 可能性下がる
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!刑事事件を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントで刑事事件の無料相談を受ける